teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助 youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ]


2009 日本のうたごえ祭典 京都

 投稿者:docメール  投稿日:2009年10月15日(木)16時15分27秒
  10月23日合唱発表会B(26名以上)12:20-16:00に、立命館大学「若者」OB合唱団と同志社大学むぎ・成安女子大学ふきのとうOB合唱団が共に出場します。おめでとうございます。
ともに地道な練習を昨年以前から続けており、京都の発表会でもその質の高さは高い評価を受けています。
地方の発表会では、岡山大学うたう会みみんこ(現役!)が30名ほど(これで1/3とか)が出場しました。
 
 

若者OB合唱団 09府民音楽祭へ

 投稿者:docメール  投稿日:2009年 8月 6日(木)10時01分23秒
  立命・若者OB合唱団は2009年7月18日(土)に行われた『山科醍醐うたの広場』に出場、今年は、シード団体ということで、既に京都府民音楽会の合唱発表会に推薦されることが決まっています。この1月から練習に取り組んできた「平和に生きる権利」、「桑ばたけ」を約40名で演奏しました。  

お誘いありがとう

 投稿者:ニンジンメール  投稿日:2008年11月 8日(土)23時02分15秒
  お誘いありがとうございます。
民研わだちOBの「たんぽぽの会」では、11/22の夜に新宿のカラオケルームを借り切って、全国に散った仲間が集まって大交流会を行うことになっています。
新宿にある歌声喫茶「家路」にはよく「早大合唱団OB」の方がよくきます。
 

ニンジンさんようこそ!

 投稿者:docメール  投稿日:2008年11月 4日(火)22時16分2秒
  うた協加盟の呼びかけ、頼もしく思います。
さて、今度の日うたin東京には立命若者OB合唱団が、一般の部Bに出ます。こちらも昨年の日うた交流の部出場のあとから、月1回の定期レッスンを重ねてきました。若者OBの方からは、この発表会のあとの当日の懇親会に「他大学OBの方も参加を」との呼びかけがされています。ご都合がつくようでしたら、この機会に参加されては如何でしょうか。もちろんこの掲示板をごらんの学うたOBすべての方にも同じ呼びかけをしたいと思います。
参加等の取次ぎはさせていただきますのでご連絡ください。
 

北大民研OB合唱団「交流の部」に

 投稿者:ニンジンメール  投稿日:2008年11月 3日(月)16時04分28秒
  1999年の「日うたイン札幌」を機会に、1970年代前後に北大民研わだちで歌っていたOB,OGで結成された「合唱団たんぽぽ」です。これまで、毎年、北海道のうたごえ祭典合唱発表会に出演するのを励みに、月1回集まって歌ってきました。今年の4月には「全国のうたごえ協議会」に加盟し、この日うたイン東京の合唱発表会交流の部で昔の創作曲「夕陽に向かって」を歌います。全国に散っている500名上のたんぽぽの仲間のうち、東京に集まれる仲間と舞台にあがり思いきり歌いたいと思います。かっての「学生のうたごえ」で歌ったOB、OGのみなさんが合唱団を結成して再び歌いだし、ともに全国のうたごえ協議会に加盟しませんか。  

立命「若者」OB合唱団、2008日うた出場!

 投稿者:doc  投稿日:2008年10月 8日(水)23時17分19秒
  立命館大学「若者」OB合唱団(+京女ありんこ)は、京都地区うたごえ祭典一般B部門で優秀賞を獲得し、昨年に続き東京での2008日うた祭典に出場が決定しました。おめでとうございます。
京都での演奏曲は「行けわが思いよ黄金の翼に乗って」と「母なる故郷」で高い評価を得たようです。
 

神戸で初の上映

 投稿者:神戸市役所センター合唱団メール  投稿日:2008年 8月 5日(火)16時14分6秒
  突然の書き込み失礼いたします。

兵庫の音楽センターでシネマ「荒木栄の歌が聞こえる」を8月10日(日)午前10時と午後4時半の2回で上映します!映画のあとは1時間ほど荒木栄の曲をメインにうたう会も行います!


前売り1500円(うたう会込み。当日1800円)ゼヒゼヒお越し下さい!!

主催の神戸市役所センター合唱団に参加不参加をメールいただけると非常に嬉しいです!!
kobe@center-choir.org

神戸市役所センター合唱団

副指揮者 北川秀樹
http://center-choir.org/

http://center-choir.org/

 

「荒木栄の歌が聞こえる」2

 投稿者:doc  投稿日:2008年 6月18日(水)22時25分14秒
  続報です。2008秋から全国上映の予定とのことですが、札幌に続き、2回目の札幌と関東地方でではありますが、7月に以下の3箇所で試写会が催されます。(会場によっては満席も予想されますので事前確認をお勧めします)

1.7月10日(木)14:00~  19:00~
  甲府市ぴぁ総合(男女共同推進センター)大研修室
  ℡ 055-235ー4171
  名称は、『完成記念試写会』
  入場料は、前売券 1000円
  問い合わせ:映画普及運動センター 0553-32-4884

2、7月19日(土) 11:00~ 13:30~
  アンコール上映
  札幌市教育文化会館 4階講堂
  前売券 1300円
  問い合わせ:北海道共同映画社 011-562-1711

3、7月25日(金) 18:30~21:00
  第23回『大塚うたごえ酒場』での上映
  東京労働会館7F
  ラパスホール 参加費500円
  ※映画チケット代1300円が別途必要です。
 主催・大塚うたごえ酒場
 後援・南部合唱団 アコーディオン新井 幸子
 問い合わせ:公共一般うたごえ係 ℡ 03-5359-5255
 

「荒木栄の歌が聞こえる」

 投稿者:doc  投稿日:2008年 5月24日(土)22時34分59秒
  映画監督の港さんから案内書をいただきました。いよいよ全国上映に入ります。
             ////////////////////////////////////////
長編ドキュメンタリー映画『荒木栄の歌が聞こえる』(94分)
○労働者作曲家・荒木栄・・・・・
今から48年前、1960年の三井三池争議の中で、彗星のように現われ数々の歌を残した栄は、争議終結2年後の62年秋。38歳の若さでこの世を去りました。
しかし、荒木栄は、今なお、三井三池争議の時代を生きた人々や、栄がその中心的担い手であった「うたごえ運動」に関心の深い人々の間では伝説的な人物として知られています。

    ♪がんばろう 突き上げる空に
             くろがねの男のこぶしがある
                  燃え上がる女のこぶしがる

 1960年、三池争議の坩堝な中から生まれたこの『がんばろう』〈森田ヤエ子作曲〉は、荒木栄の名前さえ知らない人々の間にも、またたくまに広まりました。
   時は折りしも、歴史的な60年安保反対闘争が最高潮に。「国会を一枚の楽譜が
   取りまいた」といわれた『がんばろう』が、格差社会が深刻化する中で、再び、
   甦りつつあります、

○荒木栄は『がんばろう』の他、『地底のうた』、『花をおくろう』『沖縄を返せ』『わが母のうた』など生涯に70曲近くの歌を生み出し、今も一部では愛唱されていますが、その名前さえ知らない人が多くなりました。
いや。栄の歌だけではありません。
   今、働く人が腕を組み、声を合せて歌うことが、ほとんどなくなりました。
そんな中でも、荒木栄の歌、とりわけ『がんばろう』は、今なお、みずみずしい生命力を持って歌い継がれています。
全国、津々浦々の合唱団ではもちろんのこと、阪神淡路大震災をきっかけに結成されたソウル・フラワー・モノノケ・サミット、沖縄民謡の大家でもある大工哲弘さんなど個性的なシンガーたちによっても歌われています。
それは、何故なのか・・・・
  そして、『受験生ブルース』などで知られ日本のフォークソングの草分けの一人である高石ともやさんは、荒木栄の『わが母のうた』が、歌手の道に入った大きなきっかけの一つだったといいます。

○この映画は、そうした荒木栄の歌の魅力の源を神戸や沖縄で活躍する若きシンガー・hizukiに寄り添いながら、探っていく音楽ドキュメンタリー映画。
2007年3月、折りしも三池炭鉱が閉山して10年目に撮影を開始。栄が終生を
過ごした大牟田はもちろん、北海道・夕張から沖縄・与論島まで日本縦断ロケを敢行。ほぼ一年後の2008年5月に94分の長編ドキュメンタリー映画として完成。
 映画の一駒一駒から、荒木栄が生きて、歌い続けたあの英雄伝説・・・日本の熱い日々・三池闘争の日々が甦るとともに、沖縄返還、国鉄民営化反対闘争、教育基本法改悪反対闘争で果たした荒木栄の役割を改めて検証していくことになり、そのことを通じて私たちは、歌の持つ大きな力、生きる励ましに気付かされるにちがいありません。

○この映画では、荒木の名曲『星よおまえは』『夜明だ』『仲間のうた』などが、今、第一線の音楽シーンで活躍するアーチストたちがその持ち味を生かして歌っているのも大きな見所、聞きどころです。また、荒木栄の畢竟の大作『地底のうた』『子どもを守るうた』も、たっぷり紹介されています。
  栄の楽曲は、この他、『がんばろう』『心にゃ夜はない』『五月のうた』『花をおくろう』『沖縄を返せ』『わが母のうた』を収録。
   大工哲弘、嘉門達夫、ミネハハ、ミヤギ・マモル、関島秀樹、ソウルフラワー・モノノケ・サミットら多彩なアーチストが歌で参加。荒木栄とともに青春の日々を過ごした人々とともに、湯川れい子さん、高石ともやさんも、貴重なコメントを寄せています。
<スタッフ>
               プロデューサー・撮影 藤田祐司
               構成・監督        港 健二郎
               撮影助手         古閑 靖人
                          編集           原田 圭輔
               リポーター        hizuki
               企画・製作 「荒木栄の歌が聞こえる」製作委員会
               配給 東京ビジネスサーチ映画上映部
             <お問い合わせは・・・090-9332-6387>
 

(無題)

 投稿者:T  投稿日:2008年 4月30日(水)13時11分37秒
  時々見ています。有難うございます。  

レンタル掲示板
/14