スレッド一覧

  1. 足あと帳(4)
スレッド一覧(全1)  他のスレッドを探す 

*掲示板をお持ちでない方へ、まずは掲示板を作成しましょう。無料掲示板作成

新着順:24/305 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

おはるさんへ

 投稿者:管理人メール  投稿日:2016年 5月21日(土)19時06分3秒
  通報 返信・引用
  こんにちは。ご無沙汰しています。

①メール:2014.02.04(非公開)
②掲示板:2015.12.26
こちらで顔を出してもらっていますね。

腕の内側のムズムズが出たら危険信号と言われていましたが、ワンデュロパッチの貼り忘れでよかったです。
それにしても携帯の充電器を使って首を締めようとしたりしただんて、よっぽど辛かったんだと思います。

病名⇒脊髄髄内腫瘍(星細胞腫グレード2)
局在と高位⇒Th2~Th3の間
手術日⇒2013/11/19
摘出範囲⇒その場で星細胞腫と判断出来なかったみたいで、
目に見えるところは多少摘出して生検へ。
星細胞腫と判明してから放射線を50グレイ1ヶ月かけて照射
手術時の年齢⇒21歳

おはるさんの場合は星細胞腫のグレード2で、部分摘出後の放射線治療なので、
再発の可能性が捨て切れないから、いつも定期検診は心配ですね。
とりあえずここまま経過観察だという事で、ホッとしますね。

ロフストランドクラッチ(前腕部支持型杖という片手用の杖)への、
杖への変更の指示が出たんですね。
たくさんの脊髄腫瘍の患者さんを見てきた、K大学病院のN先生だからこそ、
もうそろそろステップアップしても大丈夫だな…って見越して、おっしゃられたのですね。

リハビリは無理をしない程度で、次の10月の定期検診の際には、
ロフストランドクラッチで行けるようになっているといいですね。

部分摘出の患者さんのその後は心配しておりますので、また報告をお待ちしております。
 
》記事一覧表示

新着順:24/305 《前のページ | 次のページ》
/305