teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG> youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]


6月のアストロノミーパブ

 投稿者:YAMAMOTO  投稿日:2019年 5月 7日(火)18時16分12秒
返信・引用
  6月15日 (土) 18:30~20:30
テーマ:銀河の分類に参加しよう―市民天文学への招待
ゲスト:臼田-佐藤 功美子(うすだ-さとう くみこ ) 国立天文台 天文情報センター 特任専門員
ホスト:内藤 誠一郎(ないとう せいいちろう ) 国立天文台 天文情報センター 広報普及員
詳細ー> https://www.mitaka-univ.org/kouza/A1952600
募集締め切り:5月28日(火)午後5時

P.S.
5月のアスパブ、お陰様で当選しました。参加される皆さまよろしくお願いします。
なお2次会はいつもの華の舞で20時45分から予定しています。
2次会からの参加も歓迎しております。
 
 

『星占いの文化交流史 矢野道雄著』復刊??

 投稿者:YA M A MOT O  投稿日:2019年 5月 6日(月)07時43分18秒
返信・引用
  ?長らく絶版だった『星占いの文化交流史 矢野道雄著 http://www.keisoshobo.co.jp/smp/book/b453645.html 』がこの5月復刊。
現在トーハクで開催中の「東寺展」に5/14から展示の??「火羅図」バビロニア→ギリシア?
?→インド→中国→日本へと変容しながら伝わったホロスコープ占星術の証拠?に合わせてだとしても大変嬉しいことです!?
 

イベントのご案内×2

 投稿者:きむら  投稿日:2019年 4月16日(火)21時15分6秒
返信・引用
  アスメンのみなさま

ご無沙汰しておりますが、みなさんお変わりなくお過ごしでしょうか。日にちが迫っていて恐縮ですが、当方で実施するイベントを2つご案内させていただきます。

●きまぐれプラネタリウムBar 星屑【癒しのハープと神話の朗読】
日時:4月19日(金)
OPEN/18:00  START/18:30
参加費:4,000円
会場:スタートアップカフェ(武蔵境)
http://startupcafe-tokyo.com/access/
アルコール飲み放題&軽食付き
お申込:イベントページ参加ポチ、もしくはこちらのフォームからお申し込みください。
https://goo.gl/forms/mvHwAd03xb90iuEo2

詳細はこちらをご覧ください
https://www.facebook.com/events/394850107761255/?ti=icl


●酒と宇宙と…
日時:4月22日(月)19:30~(19:00開場)
講師:梅本智文先生
テーマ:映画・アニメ・マンガに見る天文学
参加費:4,000円
お料理と日本酒が出ます。
会場:そば酒庵寿々屋(府中 是政)
http://soba-suzuya.jp

お申込み、詳細はこちらをご覧ください
https://www.facebook.com/events/1055221414688856/?ti=icl
 

(無題)

 投稿者:YANAGIHARA  投稿日:2019年 4月15日(月)21時57分6秒
返信・引用
  BHの画像取得成功の意義についてある方から次のようなコメントがありました。

今回の画像一枚だけでは確かに得られる科学的成果は少ないかもしれない。
しかし、BHを直接観測する手法を開発した先駆的成果は大きいと言える。
今後、次々とBHの直接観測が成功しデータが蓄積されればどのような天文学的発見があるか分からない。
その第一号、嚆矢、また新しい天文学の開拓者として今回の成功を評価すべきだろう。
だから、凄いのだ。

とのことでした。確かにその通りだなと思います。

しかし、地球の三倍の大きさの受信アンテナを実現していた日本の電波天文衛星『はるか』への
言及が日本のマスコミ各社に無かった(ように見える)のは残念です。
日本は20年以上前に既に宇宙空間に巨大なアンテナを実現していたのに地球サイズのアンテナごときに騒ぐなんて。

『はるか』はM87のジェットを観測していたんだよなあ。もう数機打ち上げていたら日本単独で
BHの直接撮像が実現していたかもしれなかったのだ。

因みに上記のコメントをなさった方は『はるか』をご存知ありませんでした。

残念!

PS.海部宣男先生のご冥福を衷心よりお祈り申し上げます。(合掌)


http://。

 

「天文学者の海部宣男さん死去 すばる望遠鏡計画の責任者」

 投稿者:SATOMI  投稿日:2019年 4月15日(月)13時47分35秒
返信・引用
  75歳とは、まだまだ若いですよね... 合掌。

https://www.asahi.com/articles/ASM4H44KKM4HULBJ008.html

 

あれって凄いの

 投稿者:YANAGIHARA  投稿日:2019年 4月14日(日)10時40分25秒
返信・引用
  例えば、あらかじめ画像がシュミレートされていて、得られた全体の数%の生データから一定の数学的アルゴリズムを使い
シュミレーション画像とよく似た画像が得られた、ってことは凄いことなんでしょうか。

足掛け10年の歳月と数百人の知能、労力、共同作業、多分多額の予算の末に作られたということには敬意を表しますが。
存在を疑ったことはないし、間接証拠も色々あったんだから、
今回の巨大プロジェクト(敢えて、巨大と言いますが)は必要だったのかしら。

問題はあの画像からどんな科学的知見が得られるのか、だと思うので今後に期待したいと思います。
東京にいたらサイエンスカフェなんかで採り上げられ、論文前の情報も漏れ聴くことができるのになあ。

何だか古代の歌集に載っている漢字を二文字選んで、さも意味ありげに語る
知識人とやらに似ているような気がします。
「令夫人」も「令嬢」も僕のような下々の人間には縁が無いし、「令夫人」「令嬢」にシニカル
な意味もあることをご存知ないのでしょうかね。
残念!!
 

5月のアストロノミーパブ

 投稿者:YAMAMOTO  投稿日:2019年 4月 9日(火)07時32分47秒
返信・引用
  5月18日(土) 18:30~
テーマ:歌舞伎と宇宙
 早野龍五 東京大学名誉教授
 梅本知文 国立天文台 野辺山宇宙電波観測所 助教
募集締め切り 4月23日
詳細:https://www.mitaka-univ.org/kouza/A1951500

P.S.  小生、4月20日のアストロノミーパブ、別件があり応募していません。
 

4月のアスパブ当選しました。

 投稿者:SATOMI  投稿日:2019年 4月 8日(月)11時38分57秒
返信・引用
  ご無沙汰しております。里見です。
今月のアストロノミー・パブは、機械学習(Machine Learning)ということで、IT系としては是非聴きたい内容でしたので、参加することにしました。

どうぞよろしくお願いします。
 

Re: 「金沢星の会」から

 投稿者:YANAGIHARA  投稿日:2019年 4月 7日(日)14時20分43秒
返信・引用
  YAMAMOTOさんへのお返事です。

YAMAMOTOさん、返事が遅れ失礼しました。
暫く、ここをチェックしていませんでした。

FACEBOOKもTwitterも数年前にアカウントだけは作ったのですが
使用してないので使い方が分からなくなりました。!(^^)!

今はLINEとSMSと普通のmailだけで事足りている状況です。
FBもその内・・・と言い乍ら・・・数年経ってしまいました。(-_-;)

ところで、「はやぶさ2」は順調ですね。
まさか、本当にできるとは思っていなかったです。計画としては興味深かったですが。

後はクレーター内に着地できるかどうかですが、やはり、事前にマーカーを
クレーター内に落とすんでしょうかね。

マーカーをクレーター内に落とせる制御技術があるなら着地も可能かなと
思うのですが、あの写真を見る限り左右対称に岩石が飛んでいないようにも見えるので

クレーターが出来ていたとしても周囲に大きな岩があって着地は難しい、なんて
いうこともあるかもしれませんね。

また、「りゅうぐう」の周囲に飛び散った岩石は時間の経過と共に飛び散って
本当に「りゅうぐう」周辺の空間はクリアーになるんでしょうかね。

まあ、「好事魔多し」とも言いますから、挑戦するか、大事を採るか、
関係者の方々は決断が大変です。僕は臆病者だからクレーター内の光学観測だけで我慢して

地球に帰還することを選択しますけど。今までの成果を水泡に帰さしめない為にも。
でも、管制室は若い人が多いから挑戦を選択するかもしれませんね。


予算要求の時に「うまい話」ばかりしていて、それがプレッシャーになってないか心配です。
ま、兎に角、僕としてはミッションの成功を祈り、見守るだけですが。

そこら辺の情報が地方に住んでいては全然流れてこないから、これはやはり
FB或いはTWは必要なのかなあ。



> YANAGIHARAさんへのお返事です。
> ご無沙汰しています。
> 元気でご活躍の様子、嬉しいです。
> アストロノミーパブのご紹介ありがとうございます。
> アストロノミーパブ、最近でも抽選漏れが出る時もありますが、
> 初めての方は当選ですのでぜひおすすめください。
> 三鷹近辺の天文普及活動は今でも結構活発ですので、
> いろいろなイベント等に参加できると思います。
> YANAGIHARAさんも東京へ来られる時はぜひアストロノミーパブへご参加ください。
> P.S.
> YANAGIHARAさんはFACEBOOKはなされておられますか?
>
>
> > ご無沙汰しています。柳原です。
> > 「金沢星の会」のメンバーの一人が東京へ転勤することになり、今夜、送別会がありました。
> > 席上、同人にアストロノミー・パブの紹介をしておきました。
> > 東京の生活に慣れるのに暫く時間がかかると思いますが、もしかしたらいずれパブに参加されるかもしれません。
> > お名前は山本貴大さんという20代の独身好青年です。
> > 同人のアストロノミー・パブ デビューの節は宜しくお願い致します。
> >
> >
> > P.S 今夜の席で「はやぶさ2」の話題が出ましたが、一応、岩石採集に成功したのだから
> > 人工クレーターを作って内部資料を採集しようなんて欲張らないで早く帰還させよというのが
> > 僕の周辺の意見でした。でも、そうはできない理由があるんだと誰かが説明してくれたのですが
> > 既に酩酊状態だった僕の頭には理由が何だったのか残っていません。
> > 一体、何だったっけ?
> > まあ、兎に角、トラブルが発生する前に早く地球に帰還させよと言いたい、のであります。
> > (僕の不安が杞憂であることを祈って)
> >
> >
 

Re: 「金沢星の会」から

 投稿者:YAMAMOTO  投稿日:2019年 3月26日(火)11時12分17秒
返信・引用
  > No.3393[元記事へ]

YANAGIHARAさんへのお返事です。
ご無沙汰しています。
元気でご活躍の様子、嬉しいです。
アストロノミーパブのご紹介ありがとうございます。
アストロノミーパブ、最近でも抽選漏れが出る時もありますが、
初めての方は当選ですのでぜひおすすめください。
三鷹近辺の天文普及活動は今でも結構活発ですので、
いろいろなイベント等に参加できると思います。
YANAGIHARAさんも東京へ来られる時はぜひアストロノミーパブへご参加ください。
P.S.
YANAGIHARAさんはFACEBOOKはなされておられますか?


> ご無沙汰しています。柳原です。
> 「金沢星の会」のメンバーの一人が東京へ転勤することになり、今夜、送別会がありました。
> 席上、同人にアストロノミー・パブの紹介をしておきました。
> 東京の生活に慣れるのに暫く時間がかかると思いますが、もしかしたらいずれパブに参加されるかもしれません。
> お名前は山本貴大さんという20代の独身好青年です。
> 同人のアストロノミー・パブ デビューの節は宜しくお願い致します。
>
>
> P.S 今夜の席で「はやぶさ2」の話題が出ましたが、一応、岩石採集に成功したのだから
> 人工クレーターを作って内部資料を採集しようなんて欲張らないで早く帰還させよというのが
> 僕の周辺の意見でした。でも、そうはできない理由があるんだと誰かが説明してくれたのですが
> 既に酩酊状態だった僕の頭には理由が何だったのか残っていません。
> 一体、何だったっけ?
> まあ、兎に角、トラブルが発生する前に早く地球に帰還させよと言いたい、のであります。
> (僕の不安が杞憂であることを祈って)
>
>
 

「金沢星の会」から

 投稿者:YANAGIHARA  投稿日:2019年 3月23日(土)23時41分44秒
返信・引用
  ご無沙汰しています。柳原です。
「金沢星の会」のメンバーの一人が東京へ転勤することになり、今夜、送別会がありました。
席上、同人にアストロノミー・パブの紹介をしておきました。
東京の生活に慣れるのに暫く時間がかかると思いますが、もしかしたらいずれパブに参加されるかもしれません。
お名前は山本貴大さんという20代の独身好青年です。
同人のアストロノミー・パブ デビューの節は宜しくお願い致します。


P.S 今夜の席で「はやぶさ2」の話題が出ましたが、一応、岩石採集に成功したのだから
人工クレーターを作って内部資料を採集しようなんて欲張らないで早く帰還させよというのが
僕の周辺の意見でした。でも、そうはできない理由があるんだと誰かが説明してくれたのですが
既に酩酊状態だった僕の頭には理由が何だったのか残っていません。
一体、何だったっけ?
まあ、兎に角、トラブルが発生する前に早く地球に帰還させよと言いたい、のであります。
(僕の不安が杞憂であることを祈って)

 

4月のアストロノミーパブ

 投稿者:YAMAMOTO  投稿日:2019年 3月 5日(火)18時43分43秒
返信・引用
  日時:4月20日 (土) 18:30~20:30
テーマ:天文学と機械学習
田中 賢幸(たなか まさゆき ) 国立天文台 ハワイ観測所 准教授
梅本 真由美(うめもと まゆみ ) 天文ライター/アストロノミー・パブ店主
詳細:https://www.mitaka-univ.org/kouza/A1950900

P.S.
小生、3月のアストロノミーパブ、残念ながら落選しました。
2次会の設定はしておりません。
 

みたか星空散歩

 投稿者:YAMAMOTO  投稿日:2019年 2月 5日(火)18時57分17秒
返信・引用
  ―3月の星空案内、明け方の月と木星・金星・土星、夕空で水星探し
【日】2月19日(火)午後7時~8時30分
【お話し】泉水朋寛(星のソムリエ)
【詳細】https://www.mitaka-univ.org/kouza/D1817900
 

3月のアストロノミーパブ

 投稿者:YAMAMOTO  投稿日:2019年 2月 5日(火)18時51分14秒
返信・引用
  日時:3月16日 (土) 18:30~20:30
テーマ:古記録から見る天文現象と人間社会―古代メソポタミアと近世日本から
三津間 康幸(みつま やすゆき ) 東京大学大学院 総合文化研究科 学術研究員
岩橋 清美(いわはし きよみ ) 国文学研究資料館 古典籍共同研究事業センター 特任准教授
詳細: https://www.mitaka-univ.org/kouza/D1858900

P.S.
小生、2月のアストロノミーパブ、おかげさまで当選しました。
参加される方よろしくお願いします。
なお2次会はいつもの華の舞で20時45分から予定しています。
2次会からの参加も歓迎しております。
 

1月6日の部分日食

 投稿者:YAMAMOTO  投稿日:2019年 1月 6日(日)18時16分51秒
返信・引用
  皆さん、今日の部分日食は見られたでしょうか??小生は欠け始めから最大食すぎまではなんとか雲間から見れました。
?さて次に東京で見れる日食は今年(2019年)12月26日そのあとは2020年6月21日。
?このあと2030年6月1日 まで10年間(??)は東京で日食は見れないそうです。?次とその次の日食は東京では貴重ですね!
さらに2035年9月2日の日食は東京では皆既にはなりませんが、前橋、宇都宮など北関東では皆既日食が見れます。
 

2月のアストロのミーパブ

 投稿者:YAMAMOTO  投稿日:2019年 1月 6日(日)18時05分9秒
返信・引用
  日時:2月16日(土)18:30~
テーマ:アストロノミー・パブ2月 (続)太陽系の果て、そしてその先へ
ゲスト:堀 安範(自然科学研究機構アストロバイオロジーセンター)
ホスト:吉田 瑞(昭和大学医学部)
詳細:https://www.mitaka-univ.org/kouza/D1856900
(昨年11月のアストロノミーパブの続きですね)

P.S.
1月19日のアストロノミーパブ参加します。参加される皆さまよろしくお願いします。
なお2次会はいつもの華の舞で20時45分から予定しています。
2次会からの参加も歓迎しております。
 

新年明けましておめでとうございます。

 投稿者:YAMAMOTO  投稿日:2019年 1月 2日(水)08時01分10秒
返信・引用
  旧年中はアストロノミーパブ、星見合宿等で大変お世話になりました。
今年もよろしくお願いします。
画像は今朝(1/2)日の出前に東空に上ってきた月齢25.5の月と金星です。
1月4日には早朝四分儀座流星群が見られるかもしれません。
1月6日午前にはは部分日食が見られますね(^^)
 

2019年1月から始まる古代天文学の講座

 投稿者:YAMAMOTO  投稿日:2018年12月18日(火)09時35分38秒
返信・引用
  1)朝日カルチャーセンター横浜
  メソポタミア社会と天文占星学  講師(東京大学学術研究員 三津間 康幸)
      詳細ー> https://www.asahiculture.jp/yokohama/course/ed7ff585-9bae-7cd8-b0ad-5bb304fa4deb
2)早稲田大学エクステンションセンター中野
  古天文学 ― ストーンヘンジから日本の星文化まで 講師(国立天文台教授 渡部 潤一)
      詳細ー> https://www.wuext.waseda.jp/course/detail/44502/
 

第7回 東京工業大学 地球生命研究所 国際シンポジウム一般講演会

 投稿者:YAMAMOTO  投稿日:2018年12月 7日(金)15時09分58秒
返信・引用
  タイトル:太陽系探査の最前線 ~新たな出会いを求めて~
日時 : 2019年1月8日(火)19:00~20:30 (開場18:30)
会場 : 東京工業大学大岡山キャンパス西9号館ディジタル多目的ホール
(東急大井町線・目黒線 大岡山駅から徒歩3分)
主催:東京工業大学 地球生命研究所


講演者・演題:
関根康人(東京工業大学 地球生命研究所)
「太陽系に生命を探す」
リンダ・T・エルキンス・タントン(NASA/アリゾナ州立大学)
「NASA サイキ・ミッション:金属の世界への旅」

参加費:無料【事前申込制・先着280名】

言語:日英同時通訳

参加登録 :http://elsi20190108.peatix.com
 

2019年1月のアストロノミーパブ

 投稿者:YAMAMOTO  投稿日:2018年12月 4日(火)17時43分54秒
返信・引用 編集済
  1月19日 (土) 18:30~20:30
テーマ:ロケットと気球で挑む最先端の太陽観測
ゲスト:勝川 行雄 国立天文台 太陽観測科学プロジェクト 准教授
ホスト:殿岡 英顕 JAXA/宇宙科学研究所 科学衛星運用・データ利用ユニット 主任研究
受付期間:12月25日(火)午後5時まで
詳細ー> https://www.mitaka-univ.org/kouza/D1855700
P.S.
小生、12月15日のアスパブは別件があり申し込んでいません。

P.P.S.
12/1.2と清里、羽村市自然休暇村にアスメン仲間と双眼鏡中心の観望合宿にいってきました。
予想以上に見えました(^_^)
 

レンタル掲示板
/102