teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]


新着順:8/203 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

呪い代行

 投稿者:錯乱坊主  投稿日:2013年 5月31日(金)21時25分26秒
  通報
   人を呪う行為は世界で多種多様に存在する。
 日本では昔からワラ人形に五寸クギを刺す儀式「丑の刻参り」が有名だが、それで本当に呪殺できるのかどうかは疑問である。
 まぁ、インターネット上には呪いの儀式を行う「呪い代行」サイトが数多く存在するようだけどネ。

 ところで「呪い」を刑法の観点から見てみると、現実的には不可能なコトをしようとしていると言うコトで『不能犯』と見なされ、基本的に処罰はされない。
 ただ、呪っている様子を相手に見られたり、相手に呪っているコトを告げる行為は脅迫罪(刑法222条)に該当する可能性があるようだ。

 ところで、この「呪い代行」のような仕事(?)は、依頼者も行為者もリスクが高いような気がする。
 まず依頼者は、呪い代行業者から代金の請求を受けた場合「契約は公序良俗違反で無効」と主張し、支払いを拒むコトができるからだ。
 逆に、すでに支払ってしまった代金については、原則として返還請求はできない。
 呪殺の契約のような「不法な原因」で支払ったお金は『不法原因給付(民法708条)』となって、儀式に効果が無くても「お金を返してくれ」と要求できないノダ。

 しかし、これはまた悪徳詐欺師が喜びそうな設定や環境だナ。
 呪い、占い、気孔、霊視、予知、宗教等々、詐欺ネタに困らない日本は、すでに呪われている 気がするネ。(∋_∈)
 
 
》記事一覧表示

新着順:8/203 《前のページ | 次のページ》
/203