teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]


新着順:4/203 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

リアル“ヒーローごっこ”の感覚

 投稿者:錯乱坊主  投稿日:2013年 6月20日(木)16時43分2秒
  通報
   アメリカ・スタンフォード大学の博士が「バーチャルリアリティでの体験が及ぼす現実世界への影響」に関しての実験を行った。
 方法は被験者達にゴーグルとヘッドセットを使い、バーチャルリアリティ体験をしてもらうというモノ。
 バーチャル世界でするコトは、地震発生により避難警報が発動された街で「行方不明になった子どもを探す」もしくは「人々がいなくなった街を探索する」である。
 ただ、被験者に与えられた探索方法は、半数がヘリコプターで、半数が空を自由自在に飛ぶ能力だ。

 この実験で、ヘリコプターの被験者は救助隊の感覚を経験しただろうが、飛行能力を持った被験者はアニメや特撮のヒーローになった気分を味わったコトだろう。
 実は、このリアル“ヒーローごっこ”の感覚こそが、今回の実験の主旨なのダ。
 バーチャルリアリティ終了後、被験者の近くでペンをぱらまいてしまうトラブルを演出した時、被験者がどういった反応を示すのかが調査の対象である。
 結果は、バーチャル世界でヒーロー体験をした人は、その後現実世界に戻ってもヒーローのように他人に優しく接する傾向があったという。

 ヒーローが優しくなる理由は「善意」以外にもあるだろうが、これが子供なら大人より効果があるコトだろう。
 子供の頃から勧善懲悪の物語を見て育った者と、抗日ドラマを見て育った者の差が、将来の民度に反映されている のカモ知れないネ。p(^_^)q
 
 
》記事一覧表示

新着順:4/203 《前のページ | 次のページ》
/203