スレッド一覧

  1. 足あと帳(4)
スレッド一覧(全1)  他のスレッドを探す 

*掲示板をお持ちでない方へ、まずは掲示板を作成しましょう。無料掲示板作成

新着順:281/387 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

最南端さんへ

 投稿者:管理人メール  投稿日:2014年 6月16日(月)01時17分18秒
  通報 返信・引用
  定期検診、お疲れ様でした。

管理人をやっていると、脊髄腫瘍の告知を受けた患者さんから、
手術後の後遺症の見通しの質問をよく受けるんですが、
そのたびに、「えっと、それは順序がちがうんだけどなぁ…」って思ってしまいます。

脊髄腫瘍の、脊髄髄内腫瘍か脊髄髄髄外腫瘍か馬尾腫瘍かの違いは置いといて、
腫瘍名も摘出可能範囲も何も知らない状態で、後遺症の話しは一足飛びだと思いますが、
患者さんの中では良性腫瘍で全摘できる…という思い込みがあるのでしょうね。

腫瘍が良性か悪性か、部分摘出か全摘出かで、
その後の治療方針や後遺症の見通しが変わってくるんですけどね。

血管周囲細胞腫だそうですが、再発の兆候がなく元・患者さんになったそうで、おめでとうございます。

管理人をやっていると「お疲れ様」はよく言いますけど、
元・患者さんになった時だけ「おめでとうございます」って、唯一祝福する事ができるんです。
それにしても3年目で元・患者さんになれるとは早いですね。管理人は10年もかかっているですが…。

元・患者さんになった時は嬉しいですよね。管理人も嬉しくって、その足で繁華街に行って、
クレジットカードで欲しかったものを山のように買って、重たくって電車に乗れなかったから、
宅急便扱いにしましたよ。

最南端さんが2回も手術を受けられてもいい方かどうかは、ご自分が判断すべき事なんですが…。

そういう言い方をするなら、12時間も手術を受けて背骨を5個外してICUに2泊して、
排尿・排便機能を90%近く失った管理人はいい方ですか?っていう事になるんですけどね。

管理人は4回いろんな診療科目で手術を受けていますから、まだ?下がいるから大丈夫ですよ。
(事故で救急外来で顔面を縫合手術されたのはカウントせず)

例え話ですが、コップの半分まで水が入っていて、
「まだ、半分も水が残っている」と思う人と、「もう、半分しか水が残っていない」と思う人と、
その人によって受け取り方が異なるというのが、脊髄腫瘍の世界だと思っています。
そしてそれは、後遺症や痛みや薬の考え方に繋がると思っています。

痺れは高確率で患者さんが口になさいますね。管理人も下半身が24時間痺れています。

痺れは脊髄腫瘍が全摘されれば、心配のない(治療のない)痺れです。
厳しい話ですが痺れはある程度の所まで下降線をたどったあとは、
そのままで固定化して一生このままなので、ほどよい距離で痺れと付き合う事ができればいいですね。

抗うつ薬が脊髄腫瘍の痺れにも効くとの医学論文もありますが、あまりにも治療成績が悪すぎです。
管理人も試してみたのですが思うような効果が得られず諦めました。

主治医も書いて下さり、ありがとうございます。やっぱり中村先生でしたか。
またHPの手術先の実名のサイトにも追加しておきますね。
 
》記事一覧表示

新着順:281/387 《前のページ | 次のページ》
/387