スレッド一覧

  1. 足あと帳(4)
スレッド一覧(全1)  他のスレッドを探す 

*掲示板をお持ちでない方へ、まずは掲示板を作成しましょう。無料掲示板作成

新着順:2/366 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

こうさんへ

 投稿者:管理人メール  投稿日:2018年 7月29日(日)01時37分11秒
  通報 返信・引用
  初めまして。管理人のくまちゃんと申します。
脊髄腫瘍と告知を受けられて、いろいろと心配だと思います。
話がこじれていますが、ひとつづつ整理していきましょう。

☆脊髄腫瘍の情報
http://www.geocities.jp/sekizuishuyou/

①脊髄髄内腫瘍(手術の難易度:高)
②脊髄髄外腫瘍(手術の難易度:中)
③馬尾腫瘍(手術の難易度:中)

背骨の頸椎・胸椎・腰椎・馬尾のどこに発生して、どんな腫瘍なのか、
一番肝心な情報がないと、手術先の選択をする事もできません。
MRI画像は担当医にお願いすれば、スマホで写メを撮らせてもらえますよ。

詳しくは「脊髄腫瘍の告知を受けたら」を印刷して使って下さい。
http://www.geocities.jp/sekizuishuyou/kokuchi.html

☆手術のタイミング

脊髄腫瘍の情報やMRI画像がなければ、何とも言えないです。
①脊髄髄内腫瘍であれば、MRIで腫瘍が発見され次第、手術のできる病院へ紹介状を書く。
②脊髄髄外腫瘍、③馬尾腫瘍であれば、腫瘍が小さい、日常生活への影響度が低ければ、
経過観察をして、2~3年後に手術というパターンも時々あります。

☆神経のど真ん中

「脊髄のど真ん中」ではなく、「神経のど真ん中」なんですよね。
多分、脊髄本体から伸びている(生えている)、神経根(前根・後根)に腫瘍があるのだと思います。
「脊髄 神経根」で画像を検索してみれば分かると思いますよ。

☆別の病院で診て頂く

不安なお気持ちはよく分かりますが、まずは近日中に再度病院へ行って、
脊髄腫瘍の情報を整理して、これからどういう治療方針(手術)を担当医が考えているのか話し合って下さい。

セカンドオピニオンは「医師を変える事なく、第三者(医師)に意見を聞く事」と定義されていますが、
脊髄腫瘍の世界では転医(転院)をするためのものだと言い切ってもいいです。

セカンドオピニオンを口にした患者さんが、常識的に考えても担当医のもとに戻れる訳がないのですから、
セカンドオピニオンをお願い(紹介状を書いてもらう)するには、チャンスは1回きりです。

こうさんの脊髄腫瘍の情報がないというだけで、セカンドオピニオンをするにはリスクが高すぎると思います。

☆自覚症状

脊髄腫瘍の手術の目的は、「手術のリスクを背負ってでも、将来的な後遺症の悪化を防ぐ事」です。
今ある自覚症状を改善するためのものではないのです。
これを理解していないと、あとあと手術後に後遺症の不満に繋がりますよ。

☆管理人

ここは個人が運営する掲示板ですが、守秘義務はあると考えています。
セカンドオピニオン先の選択の相談や病院名など、オープンにしたくなければ直接メールを下さい。
どの患者さんも手術が終わるまでは心配しておりますので、またの報告をお待ちしています。
 
》記事一覧表示

新着順:2/366 《前のページ | 次のページ》
/366