teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助 youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ]


海まで行ったのはさておき

 投稿者:統痴局@青い花  投稿日:2019年 2月18日(月)13時23分24秒
  殊更にジェンダーの問題を匂わそうとする展開がちょっと気になりました。
まあ、直近のプリキュアでもあった問題提起なんでしょうが。
 
 

ご指名がかかっておりますが

 投稿者:管理人  投稿日:2019年 2月17日(日)22時00分36秒
  なかなか自宅でゆっくり映画観る時間が取れないので、二番館でかかってくれるのがベスト。
今度のスパイダーマンのアニメと一緒にやってくれないかなあ。

アメコミ映画はマーベル、DCでもパスしてるのが多いし、コミックにしても好き嫌いが激しくて、素養があるとはとても言えない…

管理人拝
 

やはり・・・

 投稿者:エントロピーM  投稿日:2019年 2月16日(土)00時32分5秒
  予告編と中島かずき氏のヘンなはしゃぎっぷりを見て、これはキルラキルの悪夢ふたたびではあるまいか? と脳内海原雄山がブレーキをかけていたのですが。。。>ニンジャバットマン
冷酷卿さん、ありがとうございました。
 

海まで行って

 投稿者:ササキ  投稿日:2019年 2月15日(金)22時46分42秒
  自然光でのフィギュア撮影は、やりたいのだが現実にはハードルが高くて実行が難しいモノのひとつだよね。  

変わるものと変わらぬもの

 投稿者:冷酷卿  投稿日:2019年 2月14日(木)20時45分53秒
  今やアル中本屋とは同棲していないし朝からトンカツ2枚は無理ですが
相変わらず巨乳は正義な壮年となりました。

>エントロピーM様
#ニンジャバットマン
起承転結の起承が凄くおざなりで転がサクっと。後は怒涛の結で構成された
劇場版ド〇エモンというか。多分に延々と続く2次創作といった印象の
あるアメコミ作品に対して日本初のよく出来たアンサーとは思いますが
今一乗れませんでした。(バットマン知識はキートンとノーランの映画が
ほぼ全て)この辺素養がある管理人はどうこの作品を観るか興味はあります。」
 

感慨深い

 投稿者:統痴局@ウォーナース推し  投稿日:2019年 2月14日(木)01時34分29秒
  >子供たちが勉強しているのにアニメ観てるのも顰蹙ですし。

わたしの中では、卿はアル中の本屋さんと同棲してる朝からトンカツ2枚食べるおっぱい星人な青年のままだったのですが、いつのまにやら真っ当なお父さんになってたんですね。

家庭内で観るのが憚られるから、劇場に足を運んでいる訳ですな。
 

いろいろ

 投稿者:エントロピーM  投稿日:2019年 2月14日(木)00時17分51秒
  幼女戦記>統痴局さん、冷酷卿さん
そんな動きがあったんですね、知りませんでした。
私も視聴はアマプラ落ち待ちかなぁ。

ニンジャバットマン>冷酷卿さん
お、どうでした?
中島かずき氏は、グレンとキルラキルという個人的評価の両極端を見せられてるので、結局劇場には足を運ばずで。。。

 

さよならの朝に

 投稿者:冷酷卿  投稿日:2019年 2月13日(水)12時44分59秒
  基本、残業はありませんがなかなか録画消化の時間がありません。
子供たちが勉強しているのにアニメ観てるのも顰蹙ですし。
今期はフォローしている作品が少ないのが逆に幸いかも。

「さよならの朝に約束の花をかざろう」
先日観ました。悪い話ではないんですが監督兼脚本の人の持ち味は
群像劇におけるサイドキャラのアレコレだと思うのでそういう意味では
尺が少ない映画では食い足りない部分があったと思います。

これで昨年度公開のアニメ映画で観た作品は
・「劇場版 マジンガーZ / INFINITY」
・「リズと青い鳥」
・「ペンギンハイウェイ」
・「若おかみは小学生」
は劇場で。
・「ニンジャバットマン」
・「さよならの朝に約束の花をかざろう」
はレンタルを自宅で。

結構当たり年だったと思います。
「未来のミライ」は近日中に観てみる事にします。
 

未来のミライ

 投稿者:TOMO  投稿日:2019年 2月12日(火)15時12分20秒
  今期があまりにもつまらないので、観てみました「未来のミライ」。アニー賞もとったし。

世間で言われているように、作品の設定からして、そんなに盛り上がる内容でもなく、父親の楽観的な願望が、子供目線で展開されるだけのお話でした。
ただ、金がかかっているのか、前作の「バケモノの子」とくらべて、作画、特に背景のクオリティが素晴らしいです。
また、細田守のレイアウト構成とカット割については、「おジャ魔女・・・」の演出作のころから好きだったんですが、今回、背景のクオリティがあがったおかげで、レイアウトについては、奥行きのある良い出来にし上がってます。

残念ながら、主人公のくんちゃん役の上白石萌歌は、熱演ではありましたが好演ではなかったですね。福山雅治は割と良かったですよ。
 

むしろチェックしてたら恥ずかしいかと

 投稿者:統痴局@青い花  投稿日:2019年 2月 9日(土)17時26分59秒
編集済
  ATX でテレビシリーズとようじゅしぇんき一挙再放送してるのは劇場版の宣伝だったんですね。
鹵獲した短機銃は使ってないみたいですね。

1年もしないうちにATXでかかるだろうしわざわざ劇場に足は運びませぬ。
 

レンタル掲示板
/112